播磨の山々

兵庫県姫路市周辺の山歩きと山道具の紹介をしています。2019年5月、Yahoo!ブログから引っ越してきました。

第26回殿のグルメ対談 ヌアージ×週末バー×ジャズシンガー

今日は第26回殿のグルメ対談(ヌアージ×週末バー×ジャズシンガー)に行ってきました。
しかし、職場を出たのが対談の開始時刻である19:30、会場に着いたのは20:50。
 
場所はいつもの納屋工房(姫路市本町68番地 大手前第一ビル4階)。
 
いつもなら対談が終わり、試食が始まっている頃です。
 

▲納屋工房の入口
 
というわけで、対談の内容を聞くことは出来ませんでした(ヌアージさんだけで1時間ほど。大いに盛り上がったそうです。)が、試食にはありつけました。
 
ヌアージさんは中華料理のお店なので、テーブル上には水餃子、そして、週末バーとのコラボということで、週末バーで人気のある日本酒サングリアが置かれていました。
 

▲試食用の水餃子と飲み放題のサングリア
 
手前に大きなまな板と包丁が置かれていますが、後でダイナミックなショーを見ることになります。
 
さて、水餃子に引き続いて出てきたのは、揚げそば。しかも、あんかけの中に大きな牡蠣がゴロゴロ入っています。
 

▲試食用の揚げそば(ある程度取り分けられた後なので、牡蠣が減っています)
 
揚げそばも美味しいですが、個人的には肉々しい食感の水餃子が最高。
かかっているソースが美味しくて、私一人でけっこうな数の水餃子を食べてしまいました。
 
そうこうしていると、鶏がまるのまま蒸し上げられた状態で登場。そして、ヌアージのマスターの手で見事に解体されていきます。
 

▲蒸し鶏の解体ショー
 
グロテスクなようですが、お皿に盛りつけられると美味しそうに見えるのが不思議。
 

▲蒸し鶏
 
この蒸し鶏もまた美味しい。
ジューシーで柔らかく、ただでさえ美味しいのに、ネギとソースのおかげでおいしさがかなり増幅されています。
 
どの料理にも共通していますが、高級な味です。
しかし、値段が高いお店というわけではなく、一人当たり2~3,000円で楽しめるようです。
 
21:20
サングリアが飲み放題なので遠慮無くおかわりし、試食の3品を夕飯代わりに思う存分食べたところで試食終了。
 
その後は、通常ならQ&Aコーナーが始まり、対談は終了となるのですが、今回はミニライブが始まりました。
 

▲ジャズシンガーのRiecoさんとヌアージのマスター
 
ジャズを聴く機会はほとんどないので、最初の曲はまったくわかりませんでしたが、Can't Take My Eyes off of You、Danny Boy、Let It Be、What a Wonderful Worldといった名曲、Love Me Tenderを忌野清志郎の反原発(チェルノブイリ事故の影響)メッセージを込めた歌詞に置き換えた変わり種の曲などで楽しませてもらいました。
 
さすがプロ。Riecoさんは小柄で細いのにすごく迫力のある声でしたし、ヌアージのマスターが弾くギターの音も格好いい。
 
対談を聞いていないのでなぜこんなことになったのか分かりませんでしたが、帰宅後に調べてみると、ヌアージさんでは店内でジャズの生演奏を行っているようで、Riecoさんもヌアージで歌声を披露されているそうです。
 
10:30頃
対談が終了しました。
 
サングリアが飲み放題で、美味しい中華料理と迫力のある歌声をたっぷり楽しめて、対談(お店のこだわりなど)は聞けませんでしたが、存分に楽しめました。
 
対談の内容は、他のどなたかが書いてくれていることを期待します。
 
なお、今回の対談のゲスト、ヌアージ(nuages)さんは、姫路市塩町にあります。
姫路駅から徒歩圏内なので、中華料理とジャズが好きな方は、是非足を運んでみて下さい。
 
店名: ヌアージ(nuages)
住所: 兵庫県姫路市塩町188 三幸ビル1F
営業時間: 18:00~26:00
定休日: 月曜
駐車場: なし
 
上の地図が表示されない場合は、こちらをクリックして下さい。Googleマップで表示されます。