播磨の山々

兵庫県姫路市周辺の山歩きと山道具の紹介をしています。2019年5月、Yahoo!ブログから引っ越してきました。

兵庫県加西市の笠松山(244.4m)

自転車に乗りたくなり、山にも登りたくなったので、自転車で気軽に行けて、これから暑くなると歩くのが辛くなる(今行っておくべきかなと思われる)低山で、しかも展望が良いところはないかなと考えたところ、加西にある笠松山を思いついたので、ふらっと出かけてきました。
 
 
▲対応する地図は、国土地理院発行の2万5千分の1地形図「笠原」
 
▲駐車場の場所
 
10:25
マウンテンバイクで姫路市街の自宅を出発。

国道372号線を北西へ進み、小原交差点で左折。しばらく北上すると、「古法華石仏」と書かれた標識のある分岐に出会うので、それに従って進むと、古法華自然公園に入ります。
綺麗に整備された公園で、家族連れが楽しそうに花見をしている脇の1.5車線幅の道路を自転車でのんびり通過。
 
古法華寺のあるところで道は丁字路になるので、そこを左折(右折すると吊り橋のある峠を越えて東側へ行ける)。すると、すぐに駐車場です。
 
 
▲駐車場の様子
 
11:25
駐車場最奥に自転車をがっちりと固定し、山歩きの準備をします。
笠松山へ登るにはたくさんのルートがあるのですが、久しぶりに吊り橋を渡りたくなったので、吊り橋ルートで登ることにしました。
 
11:28
GPSの測位が完了したので、出発。
駐車場には公衆トイレがあるので、そこで用を足してから峠へ向かいました。
 
 
▲公衆トイレ(奥へ延びる道を進むと、吊り橋のある峠)
 
11:36
峠のすぐ手前で、吊り橋へ登る道に出会いました。大きな道標があるので、見落とす事はないでしょう。
 
 
▲吊り橋へ行くための登り口
 
 
▲峠(切り通し)と吊り橋
 
写真で見て分かるとおり、吊り橋と峠との高低差は知れているので、丸太階段の道を上るとすぐに吊り橋へ到達できます。
 
11:38
吊り橋の南側に到着。
しっかりしているように見えて、歩くと簡単に揺れます。でも、それが吊り橋らしくて楽しいんです。
 
 
▲吊り橋を渡り、向こう側の岩の急斜面を登る
 
吊り橋を渡り切ると、鎖が垂れた急な岩の斜面があります。確かに、下の方は鎖がないと登るのが辛いですが、最初の急斜面さえクリアすれば、後は鎖がなくても楽に登れます(下る時は鎖を使った方が安全かも)。
 
11:41
岩の斜面を登り切りました。
 
道は左右に延びており、山頂が左前に見えているので左へ進みたくなりますが、実際は右からぐるっと回り込むのが正解なので、吊り橋の先で進路を右に取ります。
 
稜線上は比較的展望が良く、アップダウンも少ない快適な道ですが、下の写真のような、楽しい岩の斜面もあります。
 
 
▲山頂へのルート上にある岩の斜面
 
 
▲大半はこんな感じの道
 
12:14
山頂・つり橋・石彫アトリエ館方面へそれぞれ道が延びる三叉路に出会いました。当然ですが、山頂方面へ進みます。
 
 
▲分岐にある道標
 
 
▲もうすぐ山頂
 
12:19
展望台のある笠松山山頂に到着。
 
 
▲山頂の展望台
 
誰もいない展望台で、パノラマVR撮影。
 
笠松山山頂の展望台で撮影した全天球パノラマ(撮影日:2011年4月17日)

https://shimiken1206.sakura.ne.jp/panorama/kasamatsuyama20110417/virtualtour.html
 
パノラマ撮影終え、展望を楽しんだら、今度は昼食です。
本日のメニューは、LAGER(レガー)の山菜そば。

フリーズドライの麺なので、食感が良くて美味しい。
 
食事をしていると、続々と夫婦や子ども連れのハイカーが登ってきました。手軽に登れる低山なので、子どもと一緒に登るのに適しているんでしょうね。子ども達も大展望に満足している様子。
 
13:10
下山開始。
石彫アトリエ館へ直接下るルートで下山することにします。
 
12:14に出会った分岐まで戻り、石彫アトリエ館方面へ進みます。
 
13:26
石彫アトリエ館が近づくと砂の浮いた岩の斜面になり、ちょっと滑りやすいですが、あっという間に下山完了
石彫アトリエ館前の自販機でジュースを飲み、駐車場へ。
 
13:30
マウンテンバイクで家路につきました。自宅到着は14:15。

往路は1時間ちょうどかかりましたが、復路は下り基調で追い風だったこともあり、快適に走れたため45分で家に戻れました。