播磨の山々

兵庫県姫路市周辺の山歩きと山道具の紹介をしています。2019年5月、Yahoo!ブログから引っ越してきました。

姫路城十景(3):「城見台公園」

はじめに(このカテゴリー内の全記事共通)

私が住む姫路市には、世界に誇る文化遺産、姫路城が聳えています。
 
その姫路城の美しい姿を眺めるのにふさわしい場所で、「誰でも自由に行ける」「お城を取り巻く方向にある」という条件を満たす場所を1994年に姫路市が公募し、1995年1月号の「広報ひめじ」で「世界遺産姫路城十景」が発表されました。
 
ブログに載せるネタが少ない時期の「埋め草(うめくさ:とりあえず余白を埋めるためのネタ)」として、この世界遺産姫路城十景を全10回のシリーズ(不定期)で紹介していくことにします。
 
前述の「広報ひめじ」では、世界遺産姫路城十景(以下「姫路城十景」)には番号が振られていないのですが、それぞれの場所に立つ看板では、姫路城十景が番号とともに記載されているので、その番号順に紹介することにしましょう。
 
姫路城十景
 (1)大手前通り(JR姫路駅前)
 (2)三の丸広場
 (3)城見台公園
 (4)美術館(前庭)
 (5)シロトピア記念公園(ふるさとの森)
 (6)男山配水池公園(山頂)
 (7)景福寺公園
 (8)名古山霊苑高台
 (9)手柄山(緑の相談所広場)
 (10)増位山(白国増位山線のポケットパーク)
 
(出典:姫路城十景の各地点に設置されている看板)
 
第3回のこの記事では、城見台公園を紹介します。

姫路城十景「城見台公園」の概要

大正時代の地図を見ると、姫路城の南、現在護国神社のある場所とこの城見台公園一体は陸軍の調馬場でした。
調馬場だった場所の西半分には護国神社が昭和に入ってから建てられ、東半分は戦時中、憲兵隊の施設として使われましたが、昭和の後期頃から公園になっています。
 
城見台公園
噴水の前のあたりからは、安定感のある姫路城が見えます。まるで舞台の上の巨大なセットのようです。
(出典:城見台公園にある姫路城十景のプレート)
 
 
▲城見台公園にある姫路城十景のプレート(下のリンクのGoogleマップで表示されるポインターの位置にあります)

姫路城十景「城見台公園」の位置

JR姫路駅北口北上して「姫路城前」交差点に突き当たったら右折。
そして東へ進むことおよそ200m。「城見台公園前」交差点の北西に城見台公園はあります。
 
後述のループバスを利用する場合は「姫路郵便局前」バス停が最寄りです。
 

姫路城十景「城見台公園」から見た姫路城

城見台公園には、かつて噴水がありました。

その噴水跡が舞台のようになっていて、その上に立って記念撮影をしたり、姫路城を背景にレプリカの鯱と並んで記念撮影をする人が多くいます。
 
三の丸広場では姫路城の南面を真正面から見る形になりますが、城見台公園からは大天守の東側面も少し見えて、より立体的な姫路城の姿を楽しめます。
 
 
▲城見台公園の噴水跡に立つとこんな写真になる(撮影日:2016/08/14)
 
 
▲鯱と姫路城(撮影日:2016/08/14)
 
姫路城が大きく見えて良い場所なのですが、姫路市立動物園内の遊具の先端がお城や石垣に少し重なってしまうのが難点といえば難点かな。

姫路城十景「城見台公園」周辺の見所

城見台公園の西隣には、護国神社(兵庫縣姫路護國神社)があります。

昭和に入ってから出来た新しい神社で、戦後は軍国主義の影響のある施設として廃止されるのを防ぐために名称を変更し、やがて護国神社の名前に戻りました。
 
 
▲護国神社(撮影日:2016/08/14)
 
城見台公園の南東、姫路郵便局の南には、私達地元住民が「総社(そうしゃ)」と呼ぶ射楯兵主神社(いたてひょうずじんじゃ)があります。
 
下のように非常に目立つ門がありますが、これは近年建造された鉄筋コンクリート造りです。
 
 
▲射楯兵主神社西側の御門(撮影日:2016/08/14)
 
こちらは長い歴史を持つ神社で、20年に1度の三ツ山大祭や60年に1度の一ツ山大祭という特殊なお祭りが行われます。
 
総社については、当ブログの別記事で過去に紹介したことがありますので、興味のある方は以下のリンクからどうぞ。
官兵衛紀行(第24回)で紹介された姫路市の総社と姫路城見学(2014/06/15)
総社の御門からさらに南へ進むと、姫路モノリスというレストラン/結婚式場があります。
(Googleマップで「姫路市市民会館」と書かれた施設の西隣)

この姫路モノリスの建物は、1930年に完成した旧姫路郵便局電話分室。
レトロな建物がお好きな方には、眺める価値があるかも。

私は中に入ったことがないので、内部の様子は分かりません。

参考情報

JR姫路駅の中央改札を出て右前にある観光案内所では、レンタサイクルを借りることが出来ます。
また、姫路駅周辺には「姫ちゃり」というレンタサイク制度もあります。
(参考: http://interstreet.jp/himeji/
 
姫路駅周辺から少し離れた場所を見に行ったり、お城や好古園、美術館、博物館などを気軽に見て回りたいという方には、レンタサイクルがお勧めです。

ただし、姫路城内には駐輪場がないので、周辺の駐輪可能な場所にとめておく必要があります。
 
雨が降っていたり、複数人で観光する場合は、姫路駅~姫路城~美術館・博物館~文学館~好古園~姫路駅という、姫路城の周囲を反時計回りに周回する「城周辺観光ループバス」も便利。

姫路駅前のループバス乗り場は、姫路駅北口を出て歩行者用信号を渡ってすぐの交番脇にあります。
 
 
▲ループバスの走行ルート(赤線)とバス停(青丸) 地図内の丸数字は、姫路城十景の位置を表しています。(番号は、冒頭のリストに対応)拡大表示できます。
 
安価(1日乗車券がおとな一人¥300)で姫路城周辺の観光地を回ることが出来ます。
平日は1時間あたり2便しかありませんが、土日祝祭日は10時台~14時台の間だけ1時間あたり4便が運行されています(注:記事執筆時点の情報です)。
(参考: http://www.city.himeji.lg.jp/s60/2873652/_10316/_10318.html

姫路城十景「城見台公園」の評価(5点満点。私、しみけんの個人的見解です)

交通アクセス: 4(公共交通機関での利便性)
お城の見え方: 4(お城の美しさや大きさ)
お勧め度: 5
コメント: 噴水跡に上がって記念撮影をすれば、お城が背景セットになった舞台のような写真が撮れますし、鯱と並び、お城を背景に記念撮影をしても、面白い写真になります。動物園の遊具の先端が姫路城と重なって見えるので、「お城の見え方」は1点減点しました。