播磨の山々

兵庫県姫路市周辺の山歩きと山道具の紹介をしています。2019年5月、Yahoo!ブログから引っ越してきました。

iPad mini専用キーボード:ZAGGkeys Cover

iPad miniを自宅でのWeb閲覧(ソファやベッドでグデーっと過ごすとき)や出張、旅行時の暇つぶしに使っていますが、iPad mini専用に設計されたキーボードを海外のメーカーからのダイレクトメール(電子メール)で知り、アメリカから取り寄せてしまいました。
 
 
▲ZAGGkeys Cover
 
製品名: ZAGGkeys Cover(ザグキーズ・カバー)
メーカー: ZAGG, Inc.(アメリカ)
サイズ: 200.06mm×138.92mm×6.9mm(カタログ値)
カラーバリエーション: Black、Silver(画像の製品はBlack)
電源: 510mAhリチウムポリマーバッテリー
ランタイム: 数ヶ月間(カタログ値)
重量: 306.17g(カタログ値)
付属品: 充電用USBケーブル、取扱説明書
対応機種: iPad mini
定価: $99.99 USD
購入価格: $99.99 USD
購入先: メーカーサイトから直接購入
メーカー製品情報ページ: http://www.zagg.com/ipad-mini-cover.php (英語サイト)
 
上の画像で見ると普通のキーボードですが、iPad mini専用を謳うだけのことはあり、iPad miniと組み合わせると以下のように見事に一体化します。
 
この手のデバイスに詳しくない人が見ると、ノートパソコンにしか見えません。
 
 
▲iPad miniをセットした状態(正面から見たところ)
 
 
▲iPad miniをセットした状態(側面から見たところ)
 
 
▲iPad miniをセットした状態(背面から見たところ)
 
 
▲iPad miniをセットした状態(たたんだところ)
 
文字入力はキーボードから、その他の操作は画面を触って行うわけですが、大半のアプリ()は快適に使えます。
※画面の下端ギリギリにボタンが表示されるアプリ(例:Note Anytime)の場合は、iPad miniを挟む部品が邪魔になり、画面下端のボタンを指でタップ出来ません。
 
動画を見るときはiPad miniを好きな角度に調整出来るので、単なるスタンドとしても便利。
 
もう少しこのキーボードを詳しく見ていきましょう。
 
底面はシンプルで、四隅にゴム足があります(購入時には貼り付いておらず、マニュアルに挟まれているものを自分で貼る)。
 
 
▲ZAGGkeys Cover底面(切り欠きは、iPad miniを開くときにiPad miniの縁に親指があたりやすくするためのもの)
 
キーボードの右側面の手前に電源スイッチとBluetooth用のペアリングボタンがあるので、右利きの人ならスイッチのON/OFFは容易。
 
 
▲電源スイッチとペアリング用のスイッチ
 
 
▲電源スイッチ近くのLED
 
初めて使うときのペアリングは簡単で、iPad mini側でBluetoothをONにし、ペアリングボタンをLEDが青色点滅をするまで長押しするだけ。
認証キーの入力は必要ありません。

iPad mini側にキーボードの名前が表示されたら、それをタップ。これだけでペアリング完了で、次からはキーボードのスイッチを入れ、キーを押せばすぐに接続が確立されます。
 
キーボードの右手前にはLEDが一つ搭載されていて、電源を入れた直後に数秒間だけ赤く点灯し、電源が入ったことを示したり、Bluetoothのペアリング時は、検出可能な状態になっていることを青色で示します。
 
ZAGGkeys Coverのバッテリー残量の表示もこのLEDが行います。
キーボードのファンクション(fn)キーを押しながら電池のアイコンのあるボタン(altキー)を押すと、バッテリー残量に応じてLEDが点滅します。
 
・残量50%以上なら緑色で3回点滅。
・残量が25~50%なら黄色で3回点滅。
・残量が25%未満なら赤色で3回点滅。
 
反対側には充電用のマイクロUSBポートがあり、充電中はUSBポート横のLEDが赤色に点灯します。
 
 
▲充電用のUSBポート(USBポートの左隣にLEDがある)
 
充電にかかる時間は、2~4時間。
 
この製品に付属する充電用のケーブルは単なるUSBケーブルなので、PCのUSBポートや十分な電力を供給できるUSBハブ、iPhoneやiPadに付属するAC-USBアダプタを別途用意する必要があります。
 
一度満充電にすれば、数ヶ月は充電する必要が無い()とマニュアルには書かれています。
※一日2~3時間使用した場合。毎日長時間使用したり、後述するバックライトを点灯させると、充電の頻度を高くする必要があります。
 
バッテリー節約のため、スイッチを入れたままにしていても、数分間使わずにいれば自動的にスリープ状態になります。これもランタイム向上に一役買っているのでしょう。
 
ただし、マニュアルには「バッテリーを長持ちさせるために、長時間使用しない場合は電源をOFFにすることをお勧めします。(For optimal battery life, we recommend turning your Cover off when idle for a prolonged time.)」と記載されているので、スリープモードを過信してはいけないようです。
 
次に、iPad miniとの組み合わせについて説明します。
 
iPad miniの固定方法はきわめてシンプル。
断面がU字型の大きな溝にiPad miniの端を滑り込ませるだけ。
 
 
▲iPad miniを挟み込む部品
 
この溝の中には磁石が仕込まれていて、iPad miniを固定する補助の役割を果たしているようです。
見ての通りiPad miniを差し込む溝は浅いので、ノートパソコンと同様の動作で開閉をすると、数回の開閉でiPad miniが溝から外れそうになってしまいます。
 
安全に画面(iPad mini)を開くには、(右利きの場合)手のひらを上に向けた左手の親指をキーボードの手前縁(スペースキーがある側)に当て、四指をちょうつがいに当てて下からつかみ、右親指をiPad miniの左側(開く側)に当てて、残り四指をちょうつがいに当て、右手の甲が下を向くように右手首を返すという動きが必要です。
 
 
▲iPad miniの開閉のしかた
 
要は、ノートパソコンのように液晶画面の手前を持ち上げるような開き方はせず、iPad miniを右親指で溝に押しつけながら開け閉めすれば良いのです。
文章では複雑ですが、実際はいたって当たり前の動作で、すぐに慣れます。
 
磁石がキーボードに仕込まれているため、iPad miniを開くと自動的にスリープから復帰し、閉じると自動的にスリープ状態になるのも便利。
 
今度は、キーボードとしての使い勝手を見てみましょう。
 
キーボードレイアウトは、下の写真の通りです。
 
 
▲ZAGGkeys Coverのキーボードレイアウト(画像にマウスポインタを合わせた時に右下に表示される虫眼鏡のアイコンをクリックすると、拡大表示されます)
 
一見すると普通の英語配列キーボードですが、数字キーの列の上の特殊なキーが目に付きます。
これらはiOSに特化した特殊キーで、左から順に以下の機能を持っています。
 
・四角いアイコン・・・ホームボタン
・鍵のアイコン・・・スリープモードボタン(iPad miniの使用中に押すとスリープモードになり、スリープ状態で押すと復帰)
・マイクのアイコン・・・Siriの起動ボタン
・キーボードのアイコン・・・ソフトウェアキーボードの表示・非表示切り替えボタン
・コピーアイコン・・・選択範囲のコピーボタン
・貼り付けアイコン(糊と紙のアイコン)・・・貼り付けボタン
・前の曲へボタン
・再生/一時停止ボタン
・次の曲へボタン
・スピーカーのアイコン・・・ミュートボタン
・スピーカーと1本の弧・・・音量下げボタン
・スピーカーと3本の弧・・・音量上げボタン
 
使いづらいと感じるのは、ShiftキーとEnterキーが小さい点。
特にEnterキーの小ささは、使っていてイライラするほどです。慣れるまでに訓練が必要です。
 
キーボードとして使う際は、電源を入れて何かボタンを押すだけ。すぐにiPad miniと接続されるので、非常に快適です。
 
従来のBluetoothキーボードなら数秒の待ち時間があったと思いますが、ZAGGkeys Caseでは待ち時間をほぼ感じません。
 
パスコードを有効にしていない場合は、iPad miniがスリープから復帰した直後のロック画面でキーを何か押すだけで、ロック画面から普通の画面に遷移します。
つまり、iPad miniを開いて(自動的にロック画面が表示)、キーを何か押すだけで使える状態になります。
パスコードを有効にしている場合は、キーボードからパスコードを入力出来ます。
 
キーボードショートカットも使用できます()。
※iOS標準のショートカットなので、ZAGGkeys Cover以外のキーボードでも使えます。
 
・範囲選択:「shift」+カーソルキー
・カーソルの左から行頭まで選択:「cmd」+「shift」+「←」
・カーソルの右から行末まで選択:「cmd」+「shift」+「→」
・カーソルの左から文頭まで選択:「cmd」+「shift」+「↑」
・カーソルの右から文末まで選択:「cmd」+「shift」+「↓」
・すべて選択:「cmd」+「a」
・コピー:範囲選択後「cmd」+「c」
・切り取り:範囲選択後「cmd」+「x」
・ペースト:「cmd」+「v」
・元に戻す:「cmd」+「z」
・やり直し:「cmd」+「shift」+「z」
・カーソルを行頭へ移動:「ctrl」+「a」または「cmd」+「←」
・カーソルを行末へ移動:「ctrl」+「e」または「cmd」+「→」
・カーソルの左の文字を削除:「ctrl」+「h」
・カーソルの右の文字を行末まで削除:「ctrl」+「k」
 
これらのキーボードショートカットキーが使えるだけでも、iPad miniでの作業は格段に楽になります。
 
ところで、この製品には一風変わった売りがあります。それはキーのバックライト。
 
ファンクションキーを押しながらカーソルキーの「↑」を押すと、バックライトが点灯し、暗い場所でもキートップがはっきり読み取れるようになるのです。
 
ファンクションキーを押しながらカーソルキーの「↓」を押すと明るさが徐々に下がり、バックライトがOFFになります。

さらに、ファンクションキーを押しながらカーソルキーの「→」を押すと、バックライトの色が変わります!(私には全く魅力的ではありませんが)
 
以下の動画の50秒付近で、バックライトの点灯の様子や、複数の色が切り替わっていく様子が分かります。
 
メーカー公式製品紹介動画(Youtube)
 
▲バックライト(全7色)キーの下にあるLEDが見やすくなるよう、低い角度から撮影しています。
 
iPad miniとの一体感が素晴らしく、Bluetoothの接続もあっという間に行われる優れた製品ですが、前述の「溝からiPad miniが抜けやすい」「Enterキーが小さい」という欠点の他にも問題があります。
 
それは、画面に保護フィルムを貼っている場合、それが傷んでしまうということ。
iPad miniをしっかり挟む構造のため、iPad miniの抜き差しや開閉の動作で、どうしても画面の保護フィルムが溝に強く押しつけられて傷んでしまうのです。
 
 
▲溝に挟まれる部分の保護フィルムが傷む
 
私の場合は、貼り付ける時にホコリを噛んでしまい、取るときにゴチャゴチャやったせいで一部透明度が下がったような保護シートを貼ってますから、さほどショックは受けませんでしたが、苦労して綺麗に保護シートを貼った方なら発狂してしまうかも知れません。
 
この製品の購入を考えている方は、十分ご注意下さい。