播磨の山々

兵庫県姫路市周辺の山歩きと山道具の紹介をしています。2019年5月、Yahoo!ブログから引っ越してきました。

第17回 殿のグルメ対談 e’Acca×壷坂酒造

今日は「第17回 殿のグルメ対談 e’Acca×壷坂酒造」に行ってきました。
場所と時間はいつもの通り、大手前第一ビル4階の納屋工房さんで19:30~です。
 
19:30
開始時間ぎりぎりに到着。参加費¥1,580円を支払い、最前列に着席。
 
19:35
グルメ対談開始。
まずはe'Acca(アッカ)の店主、上林さんのトークです。
 

▲e'Accaの店主さん(右)と殿
 
この方の経歴は複雑です。
和食の業者に就職したものの、洋食に興味がわいて20代半ばでお店を開店。
で、好きだったサッカー選手がイタリアへ移籍したためイタリアに興味を持ち、自身もイタリアに渡って勉強。
帰国後はイタリア料理の巨匠のもとでしごかれ、後輩の居酒屋を手伝ったりした後、飲食業から離れたものの、やはり食べ物の世界への興味は捨てられず、車とテントを使った屋台のようなお店でイタリアンを提供し、それがお店になったとのこと。
 
小さなお店で、厨房から客席を見渡せるため、お客さんの雰囲気を感じながら、お客さんに合わせた料理を、お客さんの食べ方に合わせた出し方で提供されているとのこと。
小さなお店だからこそ出来るサービスですね。
 

詳しい地図で見る
▲e'Accaの場所
兵庫県姫路市青山3-10-2 青山ビル 1F
 
20:20
今度は1805年から続く老舗、壺坂酒造の杜氏さんのトーク。
 

▲壺坂さん(右)と殿
 
▲壺坂酒造の位置
 
杜氏さんと言ってもまだ若く、14回目の酒造り終えたところとのこと。
大学を出てすぐ実家(壺坂酒造)の杜氏になったということで、一回目の酒造りは惨憺たる結果だったそうです。
東京農大で研究室に残るつもりだったとおっしゃるくらいなので、話し方が知的でわかりやすく、興味深い話題が満載でした。
 
お二人とも話し方や内容が面白く、あっという間に21:00。
 
21:00
試飲と試食が始まりました。
 

▲試飲用のお酒が並び、その前には前菜のサラダ
 
前菜はトマトのピクルスとソテーしたズッキーニの入ったサラダ。
トマトは苦手なのでパスしましたが、ドレッシングもズッキーニも野菜も、どれもこれも美味しい。
 
最初に試飲させて頂いたのは、ゆず皮を使ったリキュール「ユズチェッロ」。
イタリアにはレモンの皮を使った「レモンチェッロ」というお酒があるそうで、それのゆずバージョンということです。
 
製造に使う高濃度のアルコールが危険物扱いになり、保管量の制限に引っかかるため大量に製造することが出来なかったり、苦労して製造してもあまり売れなかったりと、不遇のお酒ですが、最近はカクテルや焼き菓子の材料等として売り上げが伸びているそうです。
 
アルコール30%(!)なので、少量でもかなり効きます。きついお酒なのに甘くて良い香り。
 
試食の二品目はビーツという西洋野菜を使ったパスタ。
パスタもソースも赤い、見た目のインパクトがすごいメニューです。
 

▲ビーツのパスタ
 
ソースにはゴボウやにんじん、豚肉が入っています。
パスタは初めて食べる不思議な風味が若干しますが、ビーツの風味でしょうか。

パスタは美味しいし、ソースの中にある豚肉の食感も良いので、結構たくさん食べてしまいました。
 
さらに、なでしこの花から取れる酵母で出来たお酒や、地元(夢前町)向けに作られている「金壺」も頂きました。
これは一般の酒店ではなかなか手に入らないものだそうです。
 

▲金壺のラベル
 
試飲と試食の後はお二人への質問コーナーがあり、22:30にお開き。
 
今日もまたまた行きたいお店が1つできてしまいました。